ミニマリスト転勤妻のWORK&LIFE

夫婦のミニマムライフや、仕事を諦めない女子の生き方を発信するブログです。

【女性の転職】私が20代で転職を考えたきっかけ【実体験に基づく理由3選】

ごきげんようヽ(・∀・)ノ
dama(@DGoodliving)と申します。

f:id:dama-goodliving:20191101112615j:image

 

転職について、考えたことはありますか?

人によって、転職を意識するきっかけは様々だと思います。転職に興味はあるけれど、周りにはなかなか相談しにくかったりしますよね。

実際に私は、20代で3度の転職を経験していますが、どの転職にもそれぞれのきっかけがありました。実体験をベースに、転職を考えたきっかけを紹介したいと思います。転職を迷ってもやもやしている…そんな方の参考になれば幸いです。

 

 

3度の転職とそれぞれのきっかけ

1.市場価値を上げたい(ポジティブ)

私が最初に転職を決めたきっかけは、自分の市場価値を上げたいと考えたからです。

 

なぜ自分の市場価値を上げたいのか?(長期的に働くことを念頭に置いて、)社外でも通用する人間になりたいと思ったからです。

 

私は新卒で入社した企業に5年間在籍していました。社員は良い人ばかりで、人間関係は正直最高でした!でも、そんな環境を飛び出してみたいと思うようになったのです。

5年間同じ企業に在籍すると、いろいろなことが見えてきます。社内で知っている人も増え、自分で仕事も回せるようになってきます。良くも悪くも、慣れてきます。居心地は良いんだけれど、刺激はない。そんな日々を送る中で、自分の存在や仕事の価値に疑問を抱くようになります。

 

…社内では評価を貰えても、自分の仕事ぶりは世間で通用するのだろうか?

…外の世界に出た時に、自分にはどれだけの価値があるのだろう?

…1つの場所しか知らない、井の中の蛙になりたくないなぁ

 

当時29歳。すでに結婚はしていました。今後のライフプランと照らし合わせて考えた時に、このタイミングを逃したら、次はないかも。そう思いました。やらない後悔よりやって後悔!後者を選んだわけです。

私は(結婚しても出産しても)長く働き続けたいと思っていたので、このタイミングで転職経験を積むことは将来にプラスになると考えました。

理解し協力してくれた夫には、感謝しています。

 

自分の市場価値を客観視して、高めたい!これが私の初めての転職のきっかけです。

 

2.会社都合でやむなく(ニュートラル)

2度目の転職理由は、会社の事業撤退のためやむを得ずです。

 

これだけは、自分の力ではどうにもなりません。転職しないと職を失ってしまうので、転職せざるを得ませんでした。

 

事業撤退だなんて、まさかと思いました。が、冷静に考えれば、外資企業では稀なことではありません。転職先が無くなるなんて正直ショックで倒れそうでしたが、こんなことって現実に起こりうるんだ…と事実を受け入れるしかありませんでした。

ちなみにこういう場合の転職は、「自己都合」ではなく「会社都合」になるので、転職活動の際はそれ以上も以下も突っ込まれませんでした。

 

3. 職場の人間関係(ネガティブ)

人間関係が劣悪すぎて、転職を決めました。

 

改善の余地はなく、このまま居続けても無意味だと悟ったからです。2ヶ月で辞めたのですが、もっと早く決断すれば良かったと今でも思います。

 

会社都合で転職を強いられ、無事決まった転職先が、いわゆるブラック企業でした。お伝えしたいのは、ブラック企業かどうかは、入社初日の違和感で本当にわかります。ご自分の直感を、大事にしてください。

苦労して、せっかく転職した企業なのに…。そう思う気持ちはとてもよくわかります。でも、世の中にはおかしな会社があることも、悲しいけれど現実です。結局辞める結論に至るのなら、行動は早ければ早いほうが良い。傷ついてからでは遅いのです。私は当時、ストレスで体調を崩し、胃痛や生理不順、情緒不安定で気づいたら涙が流れている、なんて状況でした。身体は正直です。

 

私の場合、既に3社目で、しかも2ヶ月で辞めるとなると職務経歴書に傷がついてしまう。次の転職は間違いなく不利になってしまう…と不安だらけでした。でも、働くには身体が資本です。自分を守れるのは自分しかいない。次の転職先は未定のままでしたが、自分のため、家族のため、会社を辞めました。

 

きっかけはどうあれ、その後の行動が大事

転職のきっかけは様々です。前向きな理由で転職するのが理想的ですが、場合によっては辛かったら逃げるのも手だと思っています!

大事なのは逃げた後。しっかり前を向いて少しずつでも進んでいけば、人生は快方に向かっていきます。私も3社目を辞めて無職になりましたが、その後素敵な会社に3度目4社目の転職をすることができました。

 

転職のもやもやを解消する本3選

転職を悩みあれこれ考えることは、最終的に自分にとってプラスになります。私が悩んでいた時、実際に読んで役に立った3冊を紹介したいと思います。

 

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 「このまま今の会社にいていいのか?」と漠然ともやもやしている人は、是非手にとってみてください。ストーリー形式なので、次の展開が気になってサクサク読めます。

 

ひとくちメモ

  • 「市場価値」について深く考えるようになったのは、この本がきっかけです。
  • 「転職エージェントの使い方」は、これから転職を考える人は必見!リアルな内情が書かれていると思います。

 

10年後、君に仕事はあるのか?―――未来を生きるための「雇われる力」

高校生に語りかけるスタイルで書かれていますが、もちろん大人にも刺さりまくります。人生100年時代と言われますが、長い人生をどう生きるのか?これからを生き抜くのに、必要なことを知れる1冊です。

 

ひとくちメモ

  • 「雇われる力」は転職を考える人にはもちろん、就活生も知っておいて損はありません。

  • キャリアを築く上で重要な「希少性」にも言及されています。

 

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方 (SPA!BOOKS)

話題すぎる本ですね。タイトルにもあるように、転職や副業に役立つ情報はもちろんのこと、サラリーマンとして「働く」ことの基本が書かれているように思いました。

 

ひとくちメモ

  • 実際に転職で成果を出されているmotoさんの実体験を知ることができます。
  • 転職だけに留まらず、副業を掛け合わせるという新たな視点を学べます。あくまで本業を大切にされているmotoさんの姿勢が印象的です。

 

まとめ

私の実体験をベースに、転職を決めたきっかけと、転職を考えるヒントになる本を紹介しました。転職は、理想の人生を叶えるための手段。みなさまがそれぞれのハッピーライフを送れますように!私もがんばります。

 

本日もお読みくださりありがとうございます。