ミニマリスト転勤妻のWORK&LIFE

夫婦のミニマムライフや、仕事を諦めない女子の生き方を発信するブログです。

【女性の転職】どっちが良い?在職中or退職後の転職活動

f:id:dama-goodliving:20191108150241j:image

 

転職を考えているけど、現職を続けながら転職活動するべきか、一旦退職してから転職活動に力を入れるべきか…どちらの方が効率的か、悩んでいる方へ。

 

私は実際に3度転職をしましたが、在職パターン・退職パターンどちらも経験したことがあります。結論から言うと、どちらでも転職はできます!その上で、それぞれのメリット・デメリットを具体的に紹介していきますので、リアルな実例として参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

◎関連記事

【女性の転職】私が20代で転職を考えたきっかけ【実体験に基づく理由3選】 - ミニマリスト転勤妻のWORK&LIFE

www.damadama.work

 

【女性の転職】転職するのに実際に準備した4つのこと - ミニマリスト転勤妻のWORK&LIFE

www.damadama.work

 

在職中でも退職後でも転職は可能

結論は、どちらでも転職はできます。

 

在職パターンも、退職パターンも、どちらも一長一短があります。自分の体力(心身ともに)や、仕事への思い、ライフプランなんかを考えて、選択すれば良いと思います。

実際に経験してみなければ、わからないこともありますよね。

 

在職しながら転職

メリット

  1. ブランク期間が発生しない
    転職エージェントなんかに相談すると、ほぼ100%、在職しながらの転職をすすめられます。それは、ブランク期間(無職期間)が発生しないから。転職に必要な職務経歴書を書く際に、ブランク期間が無い方が印象が良いと言われます。

  2. 収入がストップしない
    転職活動をしていても、現職を続けている限りお給料は発生します。 毎月の収入源が確保できることは、やはり安心ですね。

  3. 安心感がある
    1.と2. につながる部分がありますが、やはり会社という所属先があるということは、精神的にも金銭的にも安心材料になります。在職しながらの転職は、普段の業務に転職活動がプラスされるだけなので、退職してからの転職に比べて、大きく環境がガラッと変わることもありません。また現職に所属しながら、他社を見ることで、やっぱり現職に留まりたいと、考えが変わることもあります。

デメリット

  1. 時間を捻出するのが大変
    フルタイムで働きながらの転職は、時間を作るのが大変です。平日の夜や、土日をうまく使うしかありません。また転職の面接も、平日の営業時間に設定されることが多いです。そういう場合は有給などをうまく使うか、面接時間を調整してもらうか交渉が必要です。

 

退職してから転職

メリット

  1. 活動時間が増える
    転職活動だけに集中できます。時間に自由が効くので、自己分析にじっくりと取り組んだり、面接や転職セミナーや、説明会なども、出席の選択肢が増えます。また採用をもらってからも、入社時期などフレキシブルに調整ができるので、スムーズに事が運びます。
    また、スクールに通ったり勉強をしたりと、転職のためのスキルアップに時間をかけることもできます。このあたりは自己アピールでも自信を持って話すことができると思います!

  2.  無職を経験できる
    退職すると、週5日出勤するのが当たり前だった生活が、ガラッと変わります。働き続けることは、もちろん素晴らしいことですが、人生の中で無職の期間を持つことも、重要なんじゃないかと個人的には思っています。私も、次の転職先が決まらないまま仕事を辞めて、無職を経験したことがあります。無職になったらどうなってしまうんだろう…ととても不安でしたが、辞めても案外大丈夫。命をとられるわけじゃないし、思っていたよりなんてことありませんでした。笑

    無職を経験すると、仕事に対する自分の思いに気づくことが出来ます。いざ会社を辞めて、仕事をしなくても良い状況になると、不思議なもので「やっぱり働きたい」という気持ちが芽生えてきました。「自分は働きたいと思っているんだ」気付けたことは発見ですし、転職活動のモチベーションにもなりました。

    ◎関連記事

    www.damadama.work

デメリット

  1. 収入を失う
    職を失えば、給料が入ってきません。貯金が全くない状態で仕事を辞めてしまうと、生活は一気に厳しくなります。退職してから転職を考える場合は、ある程度の蓄えを準備しておきましょう。 
    収入減をの救済措置として、雇用保険があります。退職理由が自己都合か会社都合かで受給開始期間は変わりますが、無職期間は雇用保険で収入をカバーしながら、転職活動に真剣に取り組むのも、アリかもしれません。ハローワークに行くと、色々な発見があります。

  2. 面接で突っ込まれる
    何故会社を辞めてしまって、転職活動をしているのか?必ず聞かれると思います。その理由を自分なりに固めて、相手を説得できるようにしておくことが重要です。逆にここを明確に出来ないと、マイナスに評価される場合があります。

  3. だんだん焦りがつのる
    退職して1~2ヶ月は良いのですが、なかなか転職先が決まらない状態が長く続くと、人間やっぱり焦ってきます。焦ると、適当に転職先を選んでしまったり、行きたくもないのに受かったからと入社してしまったり、判断を誤ることがあります。自分の性格を理解して、精神的負担を溜めすぎないようにしたいものです。

まとめ

転職のタイミングについて、在職中or退職後それぞれのメリット・デメリットを紹介しました。私はどちらの転職も経験したことがありますが、結論としてはどちらでも転職することはできました。

 

自分の健康状態(心身ともに)や、家族・パートナーとの相談の上、ご自分にとってベストな選択をしてください。陰ながら応援しています!

 

本日もお読みくださりありがとうございます。
dama(@DGoodliving)でした。