ミニマリスト転勤妻のWORK&LIFE

30代共働き転勤妻×ミニマリストのブログです。 暮らしや思考をシンプル化して、心地良い暮らしを追求。転勤妻でも仕事を諦めない生き方を試行錯誤中。

フルタイム主婦こそ、夕飯の献立を決めておく。1週間献立表と嬉しいメリット。

ごきげんようヽ(・∀・)ノ
dama(@DGoodliving)と申します。

 


毎日、ご飯の準備って大変じゃないですか?

我が家は共働きで、ご飯係は私の担当。仕事でヘトヘト&お腹ペコペコで帰宅してから、うわ~…今日は何作ろう…と悩む。仕事終わりに買い出しに行く時間も体力も残っていない!

そんな状況を変えるべく、1週間の献立を決めることにしました!実践してみるとメリットだらけで嬉しい効果がありました!

 

 

ざっくり1週間献立を決める

そもそも、1週間献立を知ったのは、こちらがきっかけです。

39mag.benesse.ne.jp

 

献立と言っても、学校の給食表みたいなきっちりしたものではありません。

我が家は、こんな感じにしました。超絶アバウト献立です(笑)

 

月:魚介
火:丼(休肝日)
水:肉
木:麺(休肝日)
金:カレーやシチュー系
土:フリー(リクエストを聞く)
日:ホットプレート

 

もはや夕食のテーマですね(笑)とりあえず存在している基本ルールのような。守れなくても全然OK。曜日が違っても、作りたいものがあれば作ってOK。ついでに、休肝日も週2日設定しました(拍手)

 

↓日曜日のホットプレートはもちろんこれで。

www.damadama.work

 

 

食材は1週間分まとめ買い

スーパーへの買い出しは、週に1回、だいたい週末の午前中に行くことが多いです。設定したご飯テーマを思い出しながら、向こう1週間分の食材をまとめ買いします。ちなみに予算はだいたい1回6,000円。予め献立が決まっているので、それに沿って食材をセレクトしていけば良いのです。0から考えるよりだいぶん楽に。

 

買い出しは夫と一緒に行きます。ここは何気に大事なポイントだと思っていて、1人の”家事”でなく、2人の”行事”になるので、”仕事”感が弱まる気がします。野菜が高いねだの、久しぶりにあれが食べたいなだの、コミュニケーションしながら食材を選びます。いつも買い出しに付き合ってくれる旦那さんには、感謝。

 

献立を決めることの嬉しいメリット

何事も、計画を立てることって大事だなあと痛感しました。

 

  • 効率的に買い出しできるようになった!
    これまでの週1の買い出しでは、なんとなく、このくらいの量で足りるかな?という感覚で買い物をしていました。結果、週の途中で足りなくなったり、食材が使い切れなくなったり。 
    しかし、献立を決めてから買い出しに行くことで、適量の食材を買い、きちんと使いきれるようになりました。金曜の夜でバチっと使い切れると、かなり嬉しい(笑)

  • 苦手な魚も意識的に扱うようになった!
    私はお魚があまり得意ではないので(寿司は大好き)、これまで食卓に並ぶことは滅多にありませんでした…。でも、夫は魚も食べたがってるし、栄養的にも必要だし、なんとかせねばと思っていた矢先、頑張って献立に組み込んだことで、不思議と意識が向くようになりました。
    ポイントは、「魚」とするのではなく、海老や烏賊なども含まれるよう「魚介」と広くくくっています(笑)

    ↓魚焼きグリルを活用するためのアイテム

    www.damadama.work

  • 何を作れば良いか迷いが減った!
    これが一番嬉しい効果!
    仕事から疲れて帰宅してから夕食を準備するのに大事なのは、ストレスを減らすことだと思います。献立を決めておくことで、当日何を作るか悩む時間が削減され、スムーズに作業に取り掛かれるようになりました。

 

メニューテーマを決めておくことで、お昼に何を食べるかの調整もしやすくなると思います(笑)

 

・・・そして、たまには外食も。こちらは月に1万円と予算を決めています。夫と二人でディナー1回8,000円くらい。ランチ1回2,000円くらい。1万円でも、これくらいなら楽しめます。ピンチだけど外で食べたい!という時は、回転寿司に駆け込みます(笑)

 

本日もお読みくださりありがとうございます。