ミニマリスト転勤妻のWORK&LIFE

夫婦のミニマムライフや、仕事を諦めない女子の生き方を発信するブログです。

アマゾンプライムデーで購入したもの【その1】Kindle(キンドル無印)

ごきげんようヽ(・∀・)ノ
dama(@DGoodliving)と申します。

f:id:dama-goodliving:20190715190907j:image

 

本日0時からはじまった、アマゾンプライムデー。つまりは、年に一度のアマゾン大セール。CMもガシガシ飛ばしているのでご存知の方も多いかもしれませんね。

実は私、プライムデーのお買い物は初めて。ちょうど欲しいものがあったので、覗いてきました。狙う獲物は、電子書籍です!

 

 

電子書籍が気になる

 

私は昔から、「本は絶対紙派!!!」と豪語していたのですが…

電子書籍が最近すご〜く気になっていました。

 

⬇︎電子書籍の良さそうな点

  • 端末が1つあれば、何千冊の本を収容できる(物理的に、本をしまうスペースが不要になる)
  • 端末さえ持っていけば、出先の気分によって読みたい本を選べる
  • 読みたい本が明確な場合は、本屋に行かずとも購入できる
  • どうやら、読書専用の画面なので目も疲れにくいらしい

 

やっぱり便利そう…!気になる…!!

これを機に読書習慣が改善されそうな予感。色々とネットを渡り歩き調べてみる。

 

⬇︎参考にさせていただいたサイト。ありがとうございます。

 

一番ベーシックなKindleを選んだ理由 

悩んだ結果、Kindle(いわゆるキンドル無印)を購入しました!

セールで定価より3,000円安く、5,980円でしたヽ(・∀・)ノ

 

優柔不断な私は買うまでに色々と悩みましたが、最終的に、"私が"電子書籍リーダー端末に求めた条件。

 

  • 軽い(気軽に持ち歩きたい)
  • 安い(電子書籍初心者なので、いきなり投資できない)
  • 本が読めればOK(マンガは読まない)→容量はそこまで大きくなくても大丈夫

 

どうせ買うなら、防水機能やバックライトが付いているKindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)も良いな〜と思いましたが、まずは最低限のスペックをクリアしていれば良しとしました◎

 

ちなみに、キンドルは2,000円で広告の有無を選べるんですが、安さ重視で広告ありを選びました!調べてみると、読書中には広告は出ないようなので、こちらも良しとしました◎

 

実際に使ってみたレビュー

f:id:dama-goodliving:20190717181738j:image

早速届いての感想は、

「軽っっっ!」

そう。軽さにびっくりしました!

そして私の手の中にすっぽりおさまる素敵なサイズ感

  

良かった点

  • とにかく軽い(重い本でもこの軽さだと思うと感動的)
  • 片手で本がめくれる(満員電車なんかでも便利そう)
  • 付箋を貼ったりメモも付けられる(真新しい本に書き込むのは躊躇してしまうけど、電子書籍なら無問題)
  • 読みながら気になった言葉の意味も調べられる(紙の本を読みながらだと面倒くさくて後回しにして結局調べないパターンですが…キンドルなら!)

 

ここは我慢な点

  • 自分がどのあたりのページを読んでいるか把握しにくい(でも右下にパーセンテージが表示されるのでOK)
  • 図はちょっと見づらい(想定内)

 

総じて満足です◎

  

電子書籍VS紙の本

f:id:dama-goodliving:20190717183400j:image

 

今回はじめて電子書籍にトライし、新たな読書体験をしました。こんなに便利なら、もっと前から買っても良かったかもと思うくらい(笑)

 

⬇︎キンドル初心者のための詳しい使い方を紹介してくださっています!

 

一方で、紙の本にしかない良さもやっぱりあると思うんですね。

 

⬇︎本屋で本を選ぶことは、自分のこころのマーキング。

なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)

なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)

 

 

紙と電子書籍。

どちらの良さも理解しつつ、目的に合わせて使いこなしていきたいと思います。

 

本日もお読みくださりありがとうございます。