働く転妻は考える -持ち過ぎないふたり暮らし-

共働きの転妻が考える、モノとの付き合い方と、日々を身軽に住みよく暮らすためのアイデア等々。好きなものだけに囲まれて生きるも、ミニマリズム。

少ないモノで暮らすには、今ある持ち物を愛すること。

ごきげんようヽ(・∀・)ノ

 

ウィンドウショッピングが減った

f:id:dama-goodliving:20190628230449j:image

物欲が減ってきたな、

と感じることが最近あります。目的なくウィンドウショッピングをしなくなったような。ふらっと買い物に出かける事が、少なくなったように思います。

 

例えば洋服。

今までは、出先でたまたま、これめっちゃ可愛いわ〜!特に買う予定は無かったけど、可愛すぎるし、ちょうど給料日だったしまあええやんな、と自分を合理化しつつ勢いで買ってしまう事があったりしました。

 

けれど最近は、そもそも服屋に入る事が少なくなりました

自分の手持ち服を見て、「今のワードローブに白系トップスがあったら、着回せて幅も広がるな。袖は出来れば5分袖の長めで、ゆったりしたシルエット。」くらい具体的に、欲しいもののイメージが固まってから、買い物に出かける感じ。

 

今の持ち物に満ち足りること

読んでいた本にこんなフレーズがあったんですね。

私たちは自分のもっていないものに目を奪われ、それをもっている人をうらやんだりすることがよくある。

毎日、自分がもっているものに感謝しよう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 [ ジム・ドノヴァン ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/6/28時点)

 

それで、ハッと気付きました。

 

少ないモノで暮らすコツは、今ある身近なモノと向き合い、把握(意識)すること。

そういう意味で、モノが少ない方が把握しやすい。モノが多過ぎると全てに意識が届かず、管理ができない。(少なくとも私の脳内にはそのキャパがない。)

 

真面目なまとめ

f:id:dama-goodliving:20190628230837j:image

自分の持ち物に気を回せる範囲の量=持っていることを意識できるから、今の持ち物で充足している

 

しかも、買う際は衝動的ではなく、

納得するまで調べ熟考してから買う=モノに対するストーリーが生まれ、語れるから、結果全てのモノがお気に入りになる。

 

そんな風に思いました。というお話でした。

 

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

☺︎画像はBeautiful Free Images & Pictures | Unsplashよりお借りしました☺︎