働く転妻は考える。持ち過ぎないライフ

共働きの転妻が考える、モノとの付き合い方と、日々を身軽に住みよく暮らすためのアイデア等々。好きなものだけに囲まれて生きるも、ミニマリズム。

自己紹介を更新。あらためまして、はじめまして。マネー事情もお話しします。

ごきげんようヽ(・∀・)ノ

改めてご挨拶を


このブログを開設してから約2ヶ月。
ありがたいことに、読んでくださる読者さまが増えております(´;ω;`)とても嬉しく、励みになります。ありがとうございます!

ブログの初記事で、いっちょまえに自己紹介していますが、既に更新された情報も。
ここで改めて、ご挨拶させていただければと。

30歳。いわゆる転妻。正社員→パートで時給1000円。

  • 5月に30代の仲間入り。
  • 入籍してもうすぐ3年。旦那さまとふたり暮らし。
  • 共働き夫婦。これまで6年、フルタイムの正社員として働いていましたが、旦那の転勤

悩んだ末、私は仕事を辞めて帯同。
色々な選択肢を考えた上で、現在パート社員として働いています。時給で働くのは大学以来(笑)
(ちなみに大学時代は飲食店のホールのバイトをしておりました☺︎)

月収が半分になって気付くこと

お金がない!(笑)
だけど、入ってくるお金が減れば、必然的に出て行くお金を見直すことに。
今までは、「少なくとも入ってきた分は自由に使ってもいいだろう」と、買い物を楽しんでいました。
だけど今は入ってくる分自体が少ない。
本当に必要なものだけにお金を払う。
ある意味、ミニマムなマネーライフになりました。
⬇︎お弁当の話も然り。

家計については、
旦那さまとの共通口座(ソニー銀行を使っています)に、それぞれが決まった額を貯蓄していくスタイルです。それ以外は各々が自由に使える。

妻の収入が減ったのをきっかけに、マネー事情もよりオープンに、夫婦で話合いました。
すると、いままでフワッとしてたことも見えるようになり、夫婦で共通認識を持てるように。
(いままでは、「個人の口座ではなく共通口座からであれば、ある程度いくらでも使って良いよね」っていうとんでもない勘定してました。絶対そんなことはない。笑)

たしかに収入は減ったのですが、家計を見直し、お金の使い方をより見極めるきっかけになったと感じています。
楽しみながら節約しよう。

本日もお読みくださりありがとうございます。